内容紹介

「まさかの時代」を生きている私たち
 2019年末、中国の武漢で新型のコロナウイルスが発生した事実が報道されたとき、いったい誰がその後の世界的混乱を想像できたでしょうか。
 それは、多くの人にとって、「まさか、こんなことが起こるはずがない」ことだったのではないでしょうか。
 新型コロナは、それまでのコロナウイルスの常識を超えて、瞬く間に世界中に拡散。約550万人(2022年1月現在)の人命が失われただけではなく、巨大な経済的損失をもたらし、さらには各国で人々の生活行動を激変させました。
 私たちが生きているのは「まさかの時代」──。
 「この時代に、まさかこんなことが……」と思うことが現実になってしまう。何が起こるかわからない、何が起こっても不思議ではない、予測不能の時代なのです。
 あなた自身の現実はいかがでしょうか。日常生活も、仕事も人生も、この2年間で大きく様変わりしてしまったという人は少なくありません。(略)

 

「究極の選択」が鍵となる
 コロナ禍が図らずも明らかにしたのは、未来は常に人間の予測を超えているということであり、これまで人間社会を揺るがしてきた出来事は、世界がいつの時代も人間の想像を超える衝撃をもたらしていたことを教えているのです。(略)
 つまり、私たちは、これまでも、そしてこれからも、何が起こるかわからない、何が起こっても不思議ではない世界を生きてゆく──。
 「まさかの時代」は、ずっと続いてゆくということなのです。
 では、私たちは、そんな世界をどう生きてゆけばよいのでしょうか。
 その鍵となるのが、「究極の選択」──。どんな時代に生きようとも、人間にとって、逃れることのできない究極の選択があります。
 今日、人々は、その選択をほとんど意識していないかもしれません。
 それは、ある意味で「忘れ去られた選択」とも言えるものです。
 その究極の選択とはいかなるものなのか。そして、その選択の向こうに広がる世界をどう生きてゆけばよいのか。それを明らかにするのが本書の目的です。
(本書「プロローグ」より)

目次

プロローグ──「まさかの時代」を生きている私たち
「究極の選択」が鍵となる
第1章 2つの扉のどちらを選ぶのか
究極の選択
無数の選択の大本にある見えない選択
人間観・世界観が変わるとすべてが変わる
唯物的人間観、永遠の生命の人間観
偶然・たまたまか、それとも意味ある必然か
人は左側の世界だけでは生きられない
2つの扉──どちらを開いて進むのか
コロナパンデミックの試練
子どもたちの命を守る医療実践
小児在宅医療の歩み
重度の先天性心疾患を抱えた少女との出会い
右側の扉の世界を歩んでいたからこそ
始まりにあった2つの扉の選択
小児在宅医療という新たな挑戦
子どもたちが支えてくれた
さらなる課題──法律を整える
もし右側の扉を開かなければ
人生の完成に向かう力を与えられる
第2章 本心を知る
自分にこんな気持ちがあったとは
「本音」と「建前」の社会
その使い分けこそ人生の秘訣?
「本音」と「建前」の奥にある「本心」が鍵を握っている
「本音」と「建前」で生きてしまう理由がある
家庭内介護の問題の中で
過酷な生い立ち
母親との確執
右側の扉を開く──永遠の生命の人間観へ
誰もが不自由を抱える──人生のしくみがもたらす宿命の洞窟
「本心」を見出して自由に向かうことができる
「なぜ、こんなことになってしまうのか?」
左側の世界の限界──「本音」と「建前」しかない世界
誰もが抱いている菩提心という「本心」
理想と現実をつなぐ力をもたらす
第3章 人生の目的を探す
人生通貫の本心
人生の目的
忘却から始まる人生
魂の願いの「しるし」
魂の願いにアプローチする──はたらきの願い
世界の導きがある
一家離散と孤独から始まった人生
父親との確執
もう終わった──思うにままならない人生
ひとすじの光が射した──弁理士への道
魂は人生の目的を探し続けていた
問題に向き合う中で本心を引き出す
「人生の巻き返し」をやっても満たされなかった
創造の瞬間に立ち会う
天職への道──人生の目的が見えてきた
本心によって理想と現実をつなぐ
究極の充実をもたらす歩み
第4章 心に人を住まわせる
あらゆる悩みの中にある「〇〇さんの影」
「自分以外のもののせい」──他者不信の現れ
「相手より自分」──他者軽視という不信の現れ
ちょっとした実践から始めよう
心に人を住まわせる
痛恨の大失敗──心に人がいなかった
日本でも活躍──しかし、ままならない日々
実践事始め
相手の立場に立つ
受けとめ方が変わった──コマーシャル撮影での転換
いつも優しく話を聞いてくれる──一大キャンペーンのその後
心に人が息づく写真家
見えないものを写し出すという境地
我ならざるものに撮らされるという境地
写真家としての真骨頂
行けなかった場所への飛翔
第5章 レッテル貼りをやめる
誰の心の中にもあるニヒリズム
マルかバツかのレッテル貼りをやめる
心の鏡──リンゴは本当にそこにあるのか
国家間の関係
だからこそ「カオス発想術」が必要
心の鏡に映った限界
すべての出来事には意味がある
カオスは自分めがけてやってきた
試練を増幅していたレッテル貼り
「魂の学」が支えてくれた
レッテル貼りを強める人生の背景
なぜ教育の道に進んだのか
決定的な出会いがあった──共に生きるという経験
何もできない生徒が教えることがある──存在の力、魂の力
魂の声を聴く
感謝と貢献──教育者としての総決算の実践
「今」に届いている呼びかけに耳を傾けてみよう
第6章 困難から宝を取り出す
Kintsugiの思想
失敗・敗北・低迷は切り捨てたいもの?
本当に終わったのか──「カオス発想術」と「人生=X×Y」の法則
マイナスがプラスをもたらす──人生の逆説と弁証法
試練は呼びかけ──世界には指導原理の流れがある
人生のYから宝を取り出す
唯物的世界観を生きていた
引き受けた3つの「ち」
心の眼を開く──右側の扉の世界の始まり
働く人に輝いていただくユニフォーム
社員がみな輝く会社
「社員は同志、お客様も同志」とは思えなかった
2つの「人生のY」がもたらしたもの
人生全体の次元を引き上げる
第7章 「する」を連ねる
行動しなければ始まらない
言い訳宇宙
本当にできないゾーン・できるのにしていないゾーン
「できないことへの意識釘づけ」と「しないことによるアイドリング」
2つのゾーンの分離
「することの環」の拡大
原因の環・結果の環
「する」を連ねるためのチェックリスト
「できることの環」が拡大するとき
人生の目的に応えるために
幼い頃から右側の世界に触れていた
2つの学び舎
将来の青写真を描いたが……
デモシカワークから始まった千日行
「7つの視点」で暗黙マニュアルを超える──大企業への出向
「する」を連ねる──電力会社での実践
人生の目的にアクセスする
コラム 2つの環の実践──「することの環」を広げて、「できることの環」を拡大する
第8章 原因をつくる側になる
巨大な世界にどう向き合うのか
主導権とは何か
主導権とは原因をつくる力
原因をつくる側か、結果を待つ側か
大事なのは2割?──パレートの法則
人数は増えても──綱引きの法則
会議の常識──フェードアウトモード
主導権を取り戻す瞬間──フェードアウトモードは超えられる
「因縁側」か「果報側」か
新しい生き方の獲得──暗黙マニュアルを改定する
結果を待つ「果報側」からの出発
果報側意識の増幅
自己否定の牢獄
苦行のような社長就任
右側の扉の世界との出会い──「魂の学」の実践の始まり
原因をつくる側「因縁側」への転換
社員と交流する──暗黙マニュアルの改定1
引き受けるのは私──暗黙マニュアルの改定2
母親との絆を結び直す
すべての人生を輝かせる力
書影
2つの扉 ──「まさかの時代」を生きる究極の選択
高橋佳子著  四六判並製  328頁
定価 1,980円(税込)
三宝出版ウェブサイトで購入

オンライン書店で購入

紙の書籍を購入 電子書籍を購入

その他のおすすめ

書影
ゴールデンパス ──絶体絶命の中に開かれる奇跡の道
高橋佳子 著
定価 1,980円(税込)
書影
新刊 2022高橋佳子カレンダー『返照』
高橋佳子 著
定価 1,250円(税込)
書影
自分を知る力 ──「暗示の帽子」の謎を解く
高橋佳子 著
定価 1,980円(税込)
書影
新・祈りのみち
高橋佳子 著
定価 2,619円(税込)
書影
未来は変えられる! ──試練に強くなる「カオス発想術」
高橋佳子 著
定価 1,650円(税込)