内容紹介

「自分を知る力」が私たちにとって、どれほど大切なものなのか──。 それは、人生最強の力と言っても過言ではありません。 人生とは、願いと目的を見出し、それを手にするためのクエスト(探求)です。 しかし、自分を知ることがなければ、私たちは自分が本当に求めていること、本当に願っていることさえ見出すことはできません。 人生で出会うことになる多くの人々と深く理解し合い、友情を結ぶことを何よりも大切に思っている人も少なくないでしょう。 でも、自分を知ることなく、人と本当に理解し合うことは困難であり、ましてや真の友情を結ぶことなど不可能です。 今、世界は、これまでにない激動の時代を迎えています。 解決困難な問題や課題が山積し、ときにその因果関係を紐解くことさえむずかしいほど、複雑な要素が乱反射しています。 それでも、その核心を担っているのは人間──。数えきれない人間が様々に結びついては多種多様のはたらきに就き、互いに大きな影響を与え合って、すべてを生み出していることは確かでしょう。 自分を知る力とは、人間を知る力。そして、人間を知る力とは世界を知る力にほかなりません。 自分を知り、人間を知ることによって、私たちは、自分の中に複雑で予測不能な世界を生きる最大の手立てを手にすることになるのです。 本書は、本当に人生を変えようと願っている人々のための本です。 本書によって、1人でも多くの方が、自分を知る力を養い、「暗示の帽子」を脱いで、善我を育み、さらに真我──オリジナルな自分を発見してゆかれることを心から願ってやみません。 (本書プロローグより抜粋)

目次

プロローグ──「帽子の国」を越えて
第1章 それは本当にあなたの考えなのか
第2章 心のブラックボックスを解読する
第3章 受発色のタイプを診断する
第4章 苦・衰退タイプ──あきらめに縛られた卑下者からひたむきな求道者へ
第5章 苦・暴流タイプ──恨みの強い被害者から勇気ある正義漢へ
第6章 快・衰退タイプ──自己満足の幸福者から心優しい癒やし手へ
第7章 快・暴流タイプ──独りよがりの自信家から飽くなき挑戦者へ
第8章 人生の考古学・考現学・未来学──「自分を知る力」を最大化する方法
巻末解説「自己診断チャート」について

本書を推薦します

これは、非常に素晴らしい説得力のある行動哲学だ。
もっと早くこの本を読みたかった!
徳田安春(群星沖縄臨床研修センター長、NHK総合診療医ドクターG)
本書には、民族や文化を超えた普遍的な
人間の心の真実が余すことなく明かされている。
マイケル・デンハム(プリマス大学名誉教授、脳科学・人工知能[AI]研究者)

この本の関連情報

読者の声

読み終えた後、心が軽くなり、とても前向きな気持ちになった
私は、幼い頃から人に怒られることが多く、何をしても、いつも怒られるばかりでした。成人して働くようになってもそれは変わらず、責任を押しつけられたりする日々に、自分に嫌気がさしたとき、本書に出会いました。私の知らなかった自分や負の感情など、自分を知る大切なきっかけになった1冊でした。読み終えた後、心が軽くなり、とても前向きな気持ちになりました。「もっと早くこの本に出会いたかった!」とも思いましたが、今からでも遅くないと思えました。ありがとうございます。
(20代女性・長野県)
私もオリジナルな「本当の自分」を発見してゆきたい
「暗示の帽子」の怖さがよくわかりました。端から見れば、「どうしてそんな考えに凝り固まってしまうのか」と思われるような帽子を、自分もかぶっているのかもしれない……と。帽子をかぶったままでは、自分が本当に感じていること、本当に願っていることも見出すことができなくなり、本当の人生を生きることができないということに納得しました。「暗示の帽子」を脱ぐことで、自分で考え、判断をし、行動ができるようになる。それが、オリジナルな「本当の自分」への大きな一歩にほかならないという言葉が印象に残りました。私もオリジナルな「本当の自分」を発見してゆきたいと思います。
(40代女性・熊本県)
読み応え十分、家族にも読んでほしいと思った
この本と出会った日が、私の誕生日でした。これは、「今、読め」ということかと思い、無我夢中で読みました。私は、この本に出てくる「苦・暴流タイプ」です。これからの生活に活かして、よりよい人生にしたいと思いました。読み応え十分です。家族にも読んでほしいと思いました。
(40代女性・宮城県)
「善我」「真我」への道がわかりやすく書かれていて希望が湧いた
「偽我」=「暗示の帽子」の言いなりなっている状態から、どのようにして「善我」「真我」への道を歩むのか、その方法がとてもわかりやすく書かれていて、希望が湧いてきました。1日1日を大切に生きてゆきたいと思います。
(50代男性・北海道)
思い込みをなくしてよりよい生き方ができることがわかった
人格が形成されるには、いろいろな要素があるのだと改めて感じました。「自分はこういうタイプ」と思い込んで生きていたとしても、その思い込みをなくし、よりよい生き方ができることがわかりました。著者の講演会に参加したいと願っています。
(50代女性・熊本県)
新しい自分になるためのアドバイスが詳細に書かれている
「暗示の帽子」という、生まれ育った中での自分のたとえで始まり、「偽我→善我→真我」で自分を変えてゆけるという内容が、とてもわかりやすかったです。「自己診断チャート」で、より具体的に、どんな部分を直してゆけばよいか、新しい自分になるためのアドバイスが詳細に書かれているので、実行しやすいと思いました。
(30代女性・福島県)
自分の心のタイプがわかり、今後の生活に生かしてゆきたい
むずかしいと思うところもありましたが、とても役立つ本でした。自分の心のタイプがわかり、今後の生活に生かしてゆこうと、とても前向きな気持ちになり、今までの反省点も発見できました。何度も読み返し、さらに理解を深めてゆきたいと思います。
(50代女性・長野県)
人間関係の不思議をわかりやすく説明してくれて納得した
私は58歳になりますが、今まで人間関係やものの見方が、人それぞれに違うことが不思議でならず、頭の中で整理がつかずに悶々としていました。でも、この本は、そのことをわかりやすい文章で説明してくれて、初めて納得できました。これから残りの人生を3つのち(「血」「地」「知」)で素直に捉え、「真我」に向かって生き直したいと思います。
(50代男性・岩手県)
心が少しずつほどけてゆくのを感じる
幼児期に、両親が毎日言い争いをしており、自分の意見を言うことが限られ、常に周りに従って過ごしてきました。50代になった今も、なぜかその頃のままで、私は、自分の意見は言えないままでいました。ずっと「暗示の帽子」をかぶっていたのですね。この本を読み、心が少しずつほどけてゆくのを感じています。私にとって必要なことがたくさん書かれている宝物の1冊となりました。
(50代女性・岩手県)
令和版の「人生の聖書」だと思った
本書を読み、4つの心のタイプに秘められた力を確認することができました。「暗示の帽子」のお話で、日頃のつぶやき、思考回路が明確に見えてくるようでした。現在の立ち位置から、未来に向けての歩み方も具体的に書かれていて、まさに令和版の「人生の聖書」だと思います。感動の嵐で、何度も読み返す本になりそうです。
(60代女性・大阪府)
「自己診断チャート」で自分の強みや弱みがよくわかった
「自己診断チャート」で、自分の考え方の癖、自分の強みや弱みがよくわかりました。弱みを改善し、強みを伸ばしてゆく方法が書かれているだけでなく、実践例もあってイメージしやすかったです。QRコードがついているのもうれしかったです。
(20代女性・滋賀県)
人生再スタートを切ってゆこうと思えた
「自己診断チャート」の結果、私は苦・衰退タイプでした。どうしても人の目ばかり気にして考えてしまい、気を遣っていても、誰にも気づかれないような人生でしたが、こんな年齢でも、もう1度、再スタートを切ってゆこうと思えました。この本に出会えて、本当に有難いです。まずは、「逃げる癖」から変えてゆこうと思います。
(40代男性・青森県)
私次第で事態は「〇」にも「×」にもなると感じた
本書によって、私も「暗示の帽子」をかぶっていることに気づき、過去のたくさんのしがらみの中で生きていることがわかりました。今、私は障害を抱えた夫と2人暮らしをしています。「なぜ、こんなことになってしまったのか」と考える日々もありましたが、今は、「できることをする」「神様は乗り越えられない試練は与えない」と考え、日々、「これが今、私に与えられたカオスなんだ」「何とかしてゆこう」と生活し始めました。私次第で事態は「〇」にも「×」にもなると感じています。日々、精進して「〇」にしてゆきたいと思います。
(50代女性・富山県)
母からの言葉が私の「暗示の帽子」かもしれない
昨年、実母が旅立ち、全身全霊を注いだ十数年の介護生活を終え、これまでの年月に感謝し、私は「娘の役目」は終了したと思うようになりました。そして、これからは、少しは自分が本当に願う人生を生きてもいいのではないかと考えるようになりました。そして、数年前から脳裏をかすめていた「本当の自分…って何?」という想いも重なり、暗中模索の日々の中、『自分を知る力』を読ませていただきました。この本との出会いは今の私に必要だった。その運命に感謝し、驚きと幸運をかみしめています。母から言われていた「ひとりっ子なんだから、何でも1人でやらなければならない」という言葉が、私の「暗示の帽子」なのかもしれないと思いました。
(60代女性・宮城県)
プラス思考が持っている欠点もよく理解できた
自分の長所、短所がはっきりしました。プラス思考が持っている欠点もよく理解できました。本書によって、慈愛の心が深まったような気がします。人生捨てたものではない。真理、真相を追究する心を知りました。信頼できるものは、自分の中にある真我であることがよくわかりました。
(70代男性・宮城県)
自分を改めて見つめ直すきっかけをもらえた
この本を読んで、自分は「苦・暴流」タイプで、性格的に短気で、自ら調和を壊す傾向があると思いました。人の「あら探し」をする癖があり、そこが気になると、その人のことをすぐに嫌いになってしまいます。もっと人のよいところを見ないと……ですね。人の嫌な部分ばかり見ても、結局、つらいのは自分自身なんです。そういった自分を改めて見つめ直すきっかけをもらえたと思います。
(30代男性・長崎県)
自分のパターンを脱して自由に生きたい
自分の考え方の癖、生活パターン、思考パターンが、3つの「ち」の「暗示の帽子」のためだったのかと気づき、少しうなだれました。でも、その後で、とてもすっきりした気持ちになり、このパターンを脱して真我を生きたい、自由に生きたいと思いました。
(40代女性・石川県)
読めば読むほど、実に自分自身のためになる1冊
近年「本離れ」と言われていますが、本は人生に不可欠なもので、良い本との出会いは一期一会だと思います。本書は、読めば読むほど、実に自分自身のためになる1冊だと感じました。自分を知りたい人にとって、最適の答えが見つかる本だと思います。己を知ることは難しいことですが、人生を豊かにします。その手助けをしてくれる本だと思いました。
(50代男性・福岡県)
「自己診断チャート」で「暗示の帽子」の意味がわかる気がした
60歳を過ぎて、子や孫に囲まれた日常の中にいます。「自己診断チャート」をやってみて、「暗示の帽子」の意味がわかるような気がしました。人生100年時代、真我に近づくための「魂の学」に基づく生き方を意識しながら、心豊かな日々を過ごしたいと思いました。折に触れて本書を読み返しながら、元気に過ごしてゆきたいです。
(60代女性・福島県)
よりよい人生を生きてゆく内容が書かれている
人の性格は、生まれた環境によってつくられることが多く、また、それによって縛られると思っていました。しかし、それを追い払うことによって、本当の素の自分のよさが現れてきて、人生は大きく変わること、そしてその方法があることを、この本は示唆してくれています。よりよい人生を生きてゆくための内容が書かれていて、しっかり読み解いてゆきたいと思います。
(60代女性・広島県)
いくつかの文章にとても共感し、何度も読み返している
「自己診断チャート」で、自分は苦・暴流タイプだとわかり、この状況からもっとよくなるにはどうすればよいかを考えながら読んでいます。本書のいくつかの文章にとても共感し、何度も読み返しています。この本は、友人知人にも勧めようと思っています。
(20代男性・沖縄県)
この本を参考に心のあり方を変えてゆきたい
新聞広告で目にとまり、『自分を知る力』というタイトルに引き寄せられました。実際、読んでみると、「自己診断チャート」の結果が自分の行動や捉え方とピタリと合っていることに驚きました。また、家族や知り合いにも、「こういう傾向があるのでは?」と思うと、「もっと接し方も変えた方がいいのかも」と勉強になりました。この本を参考に心のあり方を変えてゆきたいと思います。
(30代女性・宮城県)
もっと早くこの本に出会いたかった
50年あまり生きてきて思うのは、「もっと早くこの本に出会いたかった」ということです。今までの人生が無駄であったとは思いませんが、ある意味、自分自身をごまかして生きてきたため、「あのとき、こうしていたらよかったなあ」と後悔することが、今、走馬燈のように蘇ってきます。これからは、甘ったれた自分自身に鞭を打ち、前向きに生きてゆきたいと思います。
(50代男性・新潟県)
「暗示の帽子」を脱げるように努力したい
「自己診断チャート」をやってみると、「卑屈→愚痴→虚無」が15点で、「苦・衰退」が基本にあって、「拒絶→頑固→硬直」の「苦・暴流」もありました。この本を読み、思い当たるところがたくさんあります。自己否定が強いところ、他者に対して一生懸命接するのですが、相手からすると、一人よがりのところなどです。「暗示の帽子」を脱げるように努力したいと思いました。
(50代女性・神奈川県)
本当の人生を生き直せる本
私は、両親から何不自由なく育てられ、何事も思い通りになった人生から、兄弟から裏切られる試練にあい、親兄弟も信じられなくなったとき、本書を手にしました。『自分を知る力』というタイトルを見て、「なぜ裏切られるのか知りたい」と思いました。読ませていただき、「快・衰退」の私の心が、この試練を導いたのだとわかりました。この本は、本当の人生を生き直せる本だと思います。
(70代女性・愛知県)
「快・衰退」タイプに「後悔」が大事だなんて、目からウロコ
とても面白かったです。私は「快・衰退」タイプで、あまり欲望はない性格だと思っていましたが、そのような心の性格は、「後悔」することが大事だなんて、目からウロコでした。障害や試練は受け入れてゆくものであるとともに、そこから学ぶものなんですね。たくさんの発見がありました。
(40代女性・東京都)
非常に興味をそそられる内容で、ぐんぐん引き込まれていった
非常に興味をそそられる内容で始まり、ぐんぐん引き込まれていきました。何となく感じていた自分の特性についても、「煩悩地図」の詳細な説明で納得することができました。まずは自分を知ること、その大切さを改めて感じました。
(50代男性・富山県)
「自己診断チャート」はまさに自分自身の内面そのもの
「自己診断チャート」の結果は、まさに自分自身の内面そのもので、本当に驚いています。そこには、私しか知らない、昔、母から指摘された言葉も書かれていてビックリです。還暦を迎えましたが、毎日、希望のない日常を送っていました。でも、この本をきっかに何かが変わるかもしれないと感じています。
(60代女性・長野県)
「自己診断チャート」で自分のことがわかった
「自己診断チャート」に取り組んで、恥ずかしながら、自分のことがわかりました。深いため息とともに、貪りが招いた人との関わりに気づかされました。そして、これからどう歩めばよいのかを教えていただき、とても感謝しております。
(70代女性・北海道)
自分も「暗示の帽子」を本当にかぶっていた
自分の人生を振り返ってみて思うのは、著者の言うところの「暗示の帽子」を自分も本当にかぶっていたということです。外にある「考え」を1つ1つ吟味しないでそのまま受け入れ、自分の考えにしてきたとの言葉が胸を強く打ちました。
(70代男性・北海道)
他のどの本よりも私の成長にふさわしい本
私が繰り返す失敗は、私の「暗示の帽子」の影響だということがわかり、「暗示の帽子」を脱ぎたいと思いました。本書は、他のどの本よりも私の成長にふさわしい本だと思います。ありがとうございます。
(40代女性・埼玉県)
心を知ることの大切さ、重要を理解した
生きるという行為には、色々な問題がつきまといます。その問題を解決するために、自分の心を知ることが大切! その重要さを改めて理解できました。感謝です。
(50代男性・大阪府)
人生がどこに向かうか、楽しみになってきた
自分を知ることは人生最強の力なんですね。人間には、こんなにいろいろな性格のタイプがあるんだとつくづく思いました。人生がどこに向かうか、これからが楽しみになりました。
(50代男性・新潟県)
本当にわかりやすく、心に響く
以前より著者の本を読んでいます。哲学的な本を読むのが好きで、いろいろ読んでいますが、高橋先生の本は本当にわかりやすく、心に響きます。「自分のことがわからない」というか、本当に悩むことが多かったので、とても参考になりますし、前向きな気持ちになります。
(50代女性・新潟県)
自分の違う一面を見出すことができた
『自分を知る力』を読んで、深く感動しました。自分の性格はこういうものだと漠然とは把握していましたが、違う一面を見出すことができました。家族全員の自己診断チャートも行い、煩悩地図もよく理解できました。これによって、「足りない点」「よい点」を生かしてゆきたいです。こうした本を書かれる著者の力、何年にもわたるご努力はどれほどものかと思います。私自身、本書によってよい方向に導いていただき、深く感謝しています。
(60代女性・岡山県)
「自己診断チャート」で意外な自分を発見した
「自己診断チャート」がとても面白かったです。自分の中の意外なものの考え方を発見し、今後の生き方に役立ちそうです。体験談を読んでいて、勇気をもらいました。
(30代女性・新潟県)
「自己診断チャート」で自分のタイプがわかった
プロローグから引き込まれました。第2章では、心の快系と苦系について細かく書かれていて、大変わかりやすかったです。「自己診断チャート」に取り組むと、「苦・衰退タイプ」と「快・衰退タイプ」が強いということがわかりましたので、その「暗示の帽子」を脱ぐことができるように、「どうせ」のつぶやきをなくしてゆきたいです。
(40代女性・大分県)
自分は苦・衰退だと思って読んでゆくと、快・衰退だということがわかった
自分は、苦・衰退タイプと思いながら読み進めていったところ、そうではなくて、快・衰退タイプだということがわかりました。改めて省みると胸落ちします。ここから善我に向かって歩んでゆこうと思いました。
(50代男性・愛知県)
もっと早くこの本に出会いたかった
情報誌でこの本を見つけ、高橋佳子さんに興味を持ち、この本を皮切りに、他の本も読んでいます。こんなに素晴らしい本に出会い、本当に感謝です。20年前、高橋信次先生は知っていたけれど、高橋佳子さんの存在は知りませんでした。もっと早くに出会いたかったです。
(60代女性・大分県)
今までの自分の考え方や行動不自由なものに感じられてきた
この本を読んで、今まで当たり前で自然だった自分の考え方や行動が、不自由なものに感じられてきました。私も、本当の自分を知ってゆきたいと思いました。
(70代女性・山形県)
「自己診断チャート」の結果に驚きと希望を感じた
対人関係の壁にぶつかり、以前失敗したことが、また壁となっていました。「今、自分に必要なことは何か」と、本を探していたところ、書店で本書を見つけました。「自己診断チャート」をやってみると、自分が自覚していたタイプとは違う結果に驚きましたが、自分の本当の姿がわかり、希望が出てきました。何度も読み返したいと思います。
(40代男性・長崎県)
他者を理解しようと思えるようになった
この本を読んで、今まで、理解できなかった他者を理解しようと思えるようになりました。そして、私も新しい自分に脱皮したいと願うようになりました。
(40代女性・大阪府)
あきらめることなく心の鍛錬を続けてゆきたい
還暦を迎えましたが、自分のことは自分が1番知っていると思ってはいても、実は、何1つ知らず、周囲の人々の心を理解するどころか、とんでもない誤解を生み、己れの感情に翻弄され、誤った方向に進んでしまった現実を痛感しました。なかなか新しい自分にはなれませんが、死を迎えるまであきらめることなく、心の鍛錬を続けて、本当の幸せに出会える望みをつなげてゆきたいと思います。
(60代女性・北海道)
自分を知るための取り組みに感動
自分を知るための様々な取り組みが詳しく書いてあり、とても感動しました。「煩悩地図」や「自己診断チャート」が取り組みやすく、自分を知るために大切なことだと思うので、私も取り組み、これからの人生に役立て、変わってゆきたいと思います。何度も読んで、他の人にも勧めたいと思いました。
(70代女性・福島県)
1つの道筋をつけていただいたように感じた
プロローグから一気に引き込まれました。何度も繰り返して読むことによって、理解が深まる気がします。中でも、p78~79の「ある若者が、教育者として人生の仕事を果たしたいと願ったとして」という部分の心のタイプによる真我の光は、私に1つの道筋をつけていただいたように感じました。自分の可能性を信じて、もっと深く学んでみたいです。
(40代女性・熊本県)
60年近く偽りの自分で生きてきたことに気づいた
この世に生まれて、偽りの自分の人生を生きてきたのか。それも60年近く。でも、この本を読んで、この先の人生に対して、希望が湧きました。本当の善我、真我をめざして、1日1日大切に生きたいと思いました。
(50代女性・北海道)
一文字一文字が心にしみ込むようだった
わかりやすく、一文字一文字が心にしみ込むように感じました。まず自分を知ること。そして善我を育むこと。宿命の洞窟を超えること。未来には必ず希望があると確信できました。最高の本に出会えたと思います。心から感謝申し上げます。
(60代女性・宮崎県)
診断結果をこれからの人生に生かしてゆきたい
自分をここまで診断したことがなかったので、目からウロコでした。診断結果をよく見直し、これからの人生に生かしてゆきたいと思います。
(60代男性・北海道)
強く感じたのは未来への希望
強く感じたのは未来への希望です。私は、40年以上にもわたる悩みがあり、90歳になる母と2人で暮らしてきました。一時は、母を殺して自分も死のうかと思いましたが、この本を読んで、生きる勇気が湧いてきました。著者の講演会にぜひ行ってみたいです。
(60代男性・広島県)
社会福祉の仕事に生かしたい
私は社会福祉の仕事に就いていますが、自分を知ることは重要なことであり、常に自分自身の課題だと感じています。日々の仕事においても、出来事を真っ直ぐに受けとめ、より適切な対応を行うために、本書に深く学びたいと思いました。
(40代女性・北海道)
「自己診断チャート」の結果に、うれしいような、恥ずかしいような不思議な感覚
「自己診断チャート」に取り組んだら、私は快・暴流タイプでした。日常生活の中で、参考にしてゆきたいと思います。これまでしっかりと自分を見つめる機会がなかったので、うれしいような、恥ずかしいような不思議な感覚です。
(50代女性・熊本県)
心の一端を垣間見た想い
これまで私は、学校でも職場でも、いじめと孤独を味わってきました。そしていつも、できない自分を責めてきました。この本を読んで、自分の心がそうした現実を生んできたのだということが初めてよくわかりました。心の一端を垣間見た想いです。これからは、周囲の人に接するときに、畏敬の想いを持ってゆきたいと思います。
(60代男性・島根県)
占いとはまったく別の角度、別の次元から書かれた素晴らしい本
人は皆、自分のことに一番興味があり、私も若い頃は、自分を知りたくて、占いに頼ったこともありましたが、納得できませんでした。でも、本書は、占いとはまったく別の角度、別の次元から書かれた素晴らしい本です。しかも、とてもわかりやすく納得しました。コラム(苦・暴流からの脱出)は私のことだと思いました。どうして、ここまで人の心が的確にわかるのか、著者のすごさに感動し、癒やされ、救われました。今後の人生の指針書にします。
(70代女性・愛知県)
書影
自分を知る力 ──「暗示の帽子」の謎を解く
高橋佳子著  四六判並製  296頁
定価(本体1,800円+税)
三宝出版ウェブサイトで購入

オンライン書店で購入

その他のおすすめ

書影
最高の人生のつくり方 ──グレートカオスの秘密
高橋佳子 著
定価(本体1,759円+税)
書影
新・祈りのみち
高橋佳子 著
定価(本体2,381円+税)
書影
2020高橋佳子カレンダー『内なる星々の目覚め』
高橋佳子 著
定価(本体1,136円+税)