内容紹介

高橋佳子著 待望の新刊!

本書は【2021年1月下旬発刊】となります。

販売開始までしばらくお待ちください。

目次

プロローグ──ゴールデンパスが求められている
コロナがつくり出す分岐点
「まさかの時代」をどう生きるか
今、求められているのはゴールデンパス
1人ひとりがゴールデンパスを生きるために
本書の構成──ゴールデンパスを歩むためのステップ
第1章 ゴールデンパスとは何か
未来の記憶
未来の記憶の物語
黄金の行路──ゴールデンパス
未来の記憶が選ばせる選択がある
「罵倒の手紙」を「感謝の手紙」に変えた未来の記憶
多くの人生に現れる「支え導く力」
宇宙との響働がゴールデンパスをもたらす
心境の深まりが与えるもの
雨乞い師によってもたらされたタオの力
ゴールデンパスの輪郭
唯物的人間観・世界観にはゴールデンパスはない
「魂の学」の人間観・世界観こそゴールデンパスの土台
あなたはどちらの世界を生きてゆくのか
あなたのゴールデンパス
第2章 出発地──カオスとして事態を受けとめる
ありのままの世界を見ているか
バイアスが外れた今がその時
もう1つ問題がある──染みついた快苦の振動
カオスというチャンネルを開け──ゴールデンパスの出発地
第1の要諦──結果未生・光闇混在
第2の要諦──カオス(現実)の形を決めるのは私たちの心
カオス発想術の実際──3人の社長の場合
出発地をどう捉えるのか──カオス発想術の階段
人生創造の方程式──カオス→受発色→光転・暗転の現実
最初の志──国際医療への道
人生の踊り場からの呼びかけ
初めはカオスにならなかった
事態にサインを読み取ってしまう心
成功のサインからの脱却
悪意のサインからの脱却
テーマカオスをつくり出す
3つの幸せ
ミャンマーの現地スタッフの母になりたい
共通のヴィジョンに向かってゆこう!
人生に繰り返し訪れた不思議なヴィジョン
カオス発想術──魂の願いをかなえさせるもの
【コラム:テーマカオスをつくり出すために】
第3章 目的地──青写真にアクセスする
カオスには「そうなるべき形」がある
目的地=青写真──ゴールデンパスの核心
青写真とは「そこにあるもの」
未来の記憶──イデア説
鋼のようにソリッド──テスラの描いた青写真
青写真の力1──過去から飛躍する
青写真の力2──新たな創造を果たす
青写真にアクセスするために
アクセスのための心構え1──青写真を信じる
主体的メーカーとして新商品を開発
アクセスのための心構え2──持続する意志
東日本大震災から生まれた新たなゴミ処理施設
アクセスのための心構え3──必然の自覚を持つ
3つの「ち」──青写真へのアクセスを阻む心の歪み
呼びかけカオスの到来
3つの「ち」の呪縛──3代目の跡継ぎとして
東京駅での運命的出会い
2店舗を売却、従業員100名をリストラ
必然の自覚──最大の人生の転機
志のバトンを引き継ぐ
青写真へのアクセス──先達から学ぶ
たった1つの暗転因子
青写真の在処──目的地はどこにあったのか
第4章 運ぶ力──内外合一のサイクルを回す
いかにして出発地から目的地へ到達するか
虚なる精神世界・実なる現実世界
内外合一の法則
東日本大震災の教訓
受発色=2つの流れが決定される場所
4つの化学反応──「カオス→受発色→暗転の現実」の4つの型
受発色の転換──化学反応を進化させる
快・暴流の化学反応の進化──受信の力をつける
苦・暴流の化学反応の進化──自他を1つに生きる
苦・衰退の化学反応の進化──挑戦を続ける
快・衰退の化学反応の進化──支える側に立つ
宇宙との響働を準備する──菩提心を育む
2つの菩提心──新たな輝き・純化されたもともとの輝き
宇宙との響働が起こるとき
思い描いていた大学教授の人生
1本の電話が人生最大の転機に
会社事始め
悲惨だった就任当時の会社の状況
絶体絶命の大ピンチ
目に見えるものと数字だけを相手にするMBA的手法の限界
内外合一の世界観によって──「魂の学」実践宣言
恐れの正体を見抜く
優位の心が壊す現実を知る
内なる心のリアリティを奪回する
労働基準監督署は「敵」ではなく「同志」
新たなカオスが現れるとき
なぜゴールデンパスが現れたのか
第5章 ゴールデンパスを歩むために──ウイズダム実践
ゴールデンパスをつくるための3つのステップ
宇宙との響働のために
ゴールデンパスを歩むイメージトレーニング
ウイズダムの歴史
ウイズダム・パート1 目的地・青写真を描く
ウイズダム・パート2 出発地・カオスと向き合う
ウイズダム・パート3 運ぶ力を創り出す①
ウイズダム・パート4 運ぶ力を創り出す②
ウイズダム・パート5 アクションプログラム
ウイズダムの生き方を身につけてほしい──ゴールデンパスの探し方
日の出屋製菓3代目社長として
新型コロナという試練
膨れあがる不安と恐怖
分岐点となったセミナー参加
いかにコロナ禍に向き合うか──ウイズダムに基づくステップ
そう歩もうとした理由があった──一家を苦しめた確執
魂として生きよう──「魂の学」の確信
奇跡の和解
ウイズダム実践①──「魂の学」の経営者セミナー参加まで
ウイズダム実践②──アクションプログラム
絶望の淵からの起死回生
日の出屋製菓の青写真に向かって
書影
ゴールデンパス ──絶体絶命の中に開かれる奇跡の道
高橋佳子著  定価(本体1,800円+税)【2021年1月下旬発刊】
三宝出版ウェブサイトで購入

ご注文フォーム
オンライン書店で購入

紙の書籍を購入 電子書籍を購入

その他のおすすめ

書影
新刊 2021高橋佳子カレンダー『道』
高橋佳子 著
定価(本体1,136円+税)
書影
自分を知る力 ──「暗示の帽子」の謎を解く
高橋佳子 著
定価(本体1,800円+税)
書影
最高の人生のつくり方 ──グレートカオスの秘密
高橋佳子 著
定価(本体1,759円+税)
書影
新・祈りのみち
高橋佳子 著
定価(本体2,381円+税)