内容紹介

かつてないほど世界は混沌と化し、常識や通念では太刀打ちできず、あらゆる定石が通用しなくなっている──。そんなときだからこそ、私は、本書のタイトルでもある「ゴールデンパス」(The Golden Path)が必要だと思っています。

ゴールデンパスとは、黄金の行路、輝ける道すじ──。

あるべきものがあるべきところに収まり、すべてを輝かせる道のことです。

「どうして実現できたのか、今でも信じられない」

「このやり方、この順序でなければ、絶対にうまくいかなかった」

まるで未来から逆算してすべての難所をクリアしてしまうように、パズルのすべてのピースが見事にはまってしまうような道が現れるときがあります。

そんな現実を経験したことのある人は、その道すじを「ゴールデンパス」と呼ぶことに強く同意されるでしょう。

ゴールデンパスは、起死回生の道であると同時に、すべてを輝かせる道です。

ゴールデンパスは、単なる成功物語の道ではありません。

ゴールデンパスは、勝つことによって負ける人を生まない道です。

ゴールデンパスは、勝ちの中にしかない道ではなく、負けの中にもある道です。

ゴールデンパスは、始まる前は、そんな道があるとは考えられなかったのに、それが見出された後から振り返ると、それ以外の道は考えられない道です。

つまり、ゴールデンパスとは、まさに奇跡のような道なのです。

それは、決して架空の存在ではありません。どんな状況にあっても、私たちには、そのようなひとすじの道があることは紛れもない事実なのです。

(本書「プロローグ」より)

目次

プロローグ──ゴールデンパスが求められている
コロナがつくり出す分岐点
「まさかの時代」をどう生きるか
今、求められているのはゴールデンパス
1人ひとりがゴールデンパスを生きるために
本書の構成──ゴールデンパスを歩むためのステップ
第1章 ゴールデンパスとは何か
未来の記憶
未来の記憶の物語
黄金の行路──ゴールデンパス
未来の記憶が選ばせる選択がある
「罵倒の手紙」を「感謝の手紙」に変えた未来の記憶
多くの人生に現れる「支え導く力」
宇宙との響働がゴールデンパスをもたらす
心境の深まりが与えるもの
雨乞い師によってもたらされたタオの力
ゴールデンパスの輪郭
唯物的人間観・世界観にはゴールデンパスはない
「魂の学」の人間観・世界観こそゴールデンパスの土台
あなたはどちらの世界を生きてゆくのか
あなたのゴールデンパス
第2章 出発地──カオスとして事態を受けとめる
ありのままの世界を見ているか
バイアスが外れた今がその時
もう1つ問題がある──染みついた快苦の振動
カオスというチャンネルを開け──ゴールデンパスの出発地
第1の要諦──結果未生・光闇混在
第2の要諦──カオス(現実)の形を決めるのは私たちの心
カオス発想術の実際──3人の社長の場合
出発地をどう捉えるのか──カオス発想術の階段
人生創造の方程式──カオス→受発色→光転・暗転の現実
最初の志──国際医療への道
人生の踊り場からの呼びかけ
初めはカオスにならなかった
事態にサインを読み取ってしまう心
成功のサインからの脱却
悪意のサインからの脱却
テーマカオスをつくり出す
3つの幸せ
ミャンマーの現地スタッフの母になりたい
共通のヴィジョンに向かってゆこう!
人生に繰り返し訪れた不思議なヴィジョン
カオス発想術──魂の願いをかなえさせるもの
【コラム:テーマカオスをつくり出すために】
第3章 目的地──青写真にアクセスする
カオスには「そうなるべき形」がある
目的地=青写真──ゴールデンパスの核心
青写真とは「そこにあるもの」
未来の記憶──イデア説
鋼のようにソリッド──テスラの描いた青写真
青写真の力1──過去から飛躍する
青写真の力2──新たな創造を果たす
青写真にアクセスするために
アクセスのための心構え1──青写真を信じる
主体的メーカーとして新商品を開発
アクセスのための心構え2──持続する意志
東日本大震災から生まれた新たなゴミ処理施設
アクセスのための心構え3──必然の自覚を持つ
3つの「ち」──青写真へのアクセスを阻む心の歪み
呼びかけカオスの到来
3つの「ち」の呪縛──3代目の跡継ぎとして
東京駅での運命的出会い
2店舗を売却、従業員100名をリストラ
必然の自覚──最大の人生の転機
志のバトンを引き継ぐ
青写真へのアクセス──先達から学ぶ
たった1つの暗転因子
青写真の在処──目的地はどこにあったのか
第4章 運ぶ力──内外合一のサイクルを回す
いかにして出発地から目的地へ到達するか
虚なる精神世界・実なる現実世界
内外合一の法則
東日本大震災の教訓
受発色=2つの流れが決定される場所
4つの化学反応──「カオス→受発色→暗転の現実」の4つの型
受発色の転換──化学反応を進化させる
快・暴流の化学反応の進化──受信の力をつける
苦・暴流の化学反応の進化──自他を1つに生きる
苦・衰退の化学反応の進化──挑戦を続ける
快・衰退の化学反応の進化──支える側に立つ
宇宙との響働を準備する──菩提心を育む
2つの菩提心──新たな輝き・純化されたもともとの輝き
宇宙との響働が起こるとき
思い描いていた大学教授の人生
1本の電話が人生最大の転機に
会社事始め
悲惨だった就任当時の会社の状況
絶体絶命の大ピンチ
目に見えるものと数字だけを相手にするMBA的手法の限界
内外合一の世界観によって──「魂の学」実践宣言
恐れの正体を見抜く
優位の心が壊す現実を知る
内なる心のリアリティを奪回する
労働基準監督署は「敵」ではなく「同志」
新たなカオスが現れるとき
なぜゴールデンパスが現れたのか
第5章 ゴールデンパスを歩むために──ウイズダム実践
ゴールデンパスをつくるための3つのステップ
宇宙との響働のために
ゴールデンパスを歩むイメージトレーニング
ウイズダムの歴史
ウイズダム・パート1 目的地・青写真を描く
ウイズダム・パート2 出発地・カオスと向き合う
ウイズダム・パート3 運ぶ力を創り出す①
ウイズダム・パート4 運ぶ力を創り出す②
ウイズダム・パート5 アクションプログラム
ウイズダムの生き方を身につけてほしい──ゴールデンパスの探し方
日の出屋製菓3代目社長として
新型コロナという試練
膨れあがる不安と恐怖
分岐点となったセミナー参加
いかにコロナ禍に向き合うか──ウイズダムに基づくステップ
そう歩もうとした理由があった──一家を苦しめた確執
魂として生きよう──「魂の学」の確信
奇跡の和解
ウイズダム実践①──「魂の学」の経営者セミナー参加まで
ウイズダム実践②──アクションプログラム
絶望の淵からの起死回生
日の出屋製菓の青写真に向かって

読者の声

「世界をありのままに見ているだろうか」と、問いと突きつけられた
「あなたは世界をありのままに見ているだろうか」と、問いを突きつけられた気持ちです。どのような事態にあっても、暗転ばかりではなく、可能性もあるのだから、希望を捨てずに、自分のできること、やるべきことをまっすぐに行いたいと思いました。
(30代女性・和歌山県)
未来は思い描くものだと知り、希望の灯が見えた
「未来のことはわからないから、生きてゆくのは大変だ」と思っていました。でも、『ゴールデンパス』を読んで、未来は思い描くものだと知り、希望の灯が見えました。そして、わずかながら、本当に未来のことが見え始めたような気がします。元気をもらいました。
(50代男性・北海道)
これからの人生の道標にしたい
この本を、これまでの人生、そして、これからの人生の道標にしたいと思いました。難しいところもありますが、それでも、へこたれずに何度も読み返し、自分のものにしたいと思っています。
(50代女性・新潟県)
「コロナ禍でもまだできることがたくさんある!」と思えてきた
以前から高橋佳子さんの教えに興味があり、講演会に行きたいと思っていましたが、残念ながら実現しませんでした。今回、『ゴールデンパス』を拝読し、「コロナ禍でもまだできることがたくさんある!」と思えてきました。私も青写真を描いてみます。アクションプログラムがとても参考になり、行動してゆこうと思います。感謝!
(60代女性・岐阜県)
人生を振り返ることは、嫌だった義母やワンマンな夫と向き合うことだと実感
老々介護の日々です。本書を読んで、自分の人生を振り返ることは、今まで嫌だった義母やワンマンな夫と向き合うことだと実感しました。「家族を愛してゆきたい。そして、自分自身も愛してゆきたい」と思いながら過ごせるようになりました。
(70代女性・石川県)
「今日はゴールデンパスを歩めたか?」と、心に問いかけるようになった
私の人生に本当に必要な本です。夜になると、「今日はゴールデンパスを歩めたか?」と、自分の心に問いかけるようになりました。ありがとうございます。感動、感激、感謝です。
(30代女性・長野県)
底辺に向かう流れの一歩手前でも、方向性を変えてゆける
とてもためになりました。山あり谷ありの人生、底辺に向かう流れの一歩手前でも、方向性を変えてゆけると思いました。周りからのアドバイス、意見、それらを吟味して、自分自身の心をチェンジしてゆくこと。そうすれば、必ず目標へ向かってゆくことができる。とても勇気づけられました。
(50代男性・石川県)
この本に書かれている人たちからエネルギーをもらった
新しい言葉がいっぱいあり、前に行ったり後ろに戻ったりしながら読みました。でも、この本に書かれている人たちは、自分の道をしっかりと歩んだのだと思えて、エネルギーを頂きました。東日本大震災では、呆然として、これからどうなるのかと考えることもありましたが、それでも前に進むしかなく、いろんな人と出会い、いろんなことをして、今日まで生きてこられたこと。これが私のゴールデンパスだったのかもしれないと思い始めています。とても良い本で、何度か読み返したいと思っています。
(60代女性・宮城県)
宇宙と共鳴するために精進してゆきたい
心の使い方によって様々な現象が現れてくるこの世界。それをとてもわかりやすく教えてくれる良い本ですね。精神世界の調和は、常に自分自身を見つめていないとできないことだと思いました。宇宙と共鳴するために、私も精進してゆきたいと思います。
(60代男性・大阪府)
驚きと感動、納得の連続で、一気に読んだ
私自身、まさに心当たりのある事例の数々に、驚きと感動、納得の連続で、一気に読みました。そして、なぜか、すっきりとさわやかな気分になれたのでした。これからは、いかなる問題にも必ず光輝く解決の道があることを信じて、残りの人生を豊かに歩みたいと思います。
(70代女性・石川県)
早く次のページを読みたいという衝動に駆られた
私は、もともとスピリチュアルに興味があったのですが、本書を開くと、「早く次のページを読みたい!」という衝動に駆られ、あっという間に読み終えてしまいました。次々に問題を抱えてしまう私に、希望を持たせてくれる本で、とても感動しました。私もゴールデンパスを歩んで、向かうべき未来を引き寄せられるようになりたいです。
(30代女性・北海道)
ウイズダム実践に取り組んでみたい
会社や家庭で困難な問題に直面すると、逃げたい気持ちになり、ますます困難な状況に陥ります。どう行動してよいのか悩み、行動できなくなります。でも、ゴールデンパスの法則を知り実践すれば、状況が一変し、悪い状況から良い状況に転換できることが理解できました。まずは、ウイズダム実践に取り組んでみたいと思います。
(50代男性・岩手県)
人間が宇宙と自然の法則と共鳴していることに納得
心の中にある願いや理想が、現実をつくり出してきたことを初めて知りました。「人間はすごい」と改めて感じ、人間が宇宙と自然の法則と共鳴していることに大変納得しました。「信じ念じることの大切さ」「持続する意志」「必然の自覚を持つ」という心構えを知りました。ありがとうございます。
(50代女性・富山県)
もっと早く読めばよかった
30年以上前に、高橋信次という方の本を知り、「これは真実だ」と思い、しばらく勉強していました。何十年もの間、書店に行くたびに、横目で高橋佳子さんの本を見ながら、飛び越えていました。でも、今回のコロナ禍で、「これからどうしよう」と思っていたとき、高橋佳子さんの本を手に取り、買って読んでびっくりしました。もっと早く読めばよかったです。今、やっと新たな出発です。
(60代女性・愛知県)
人生で最高の本に出会えた!
読み始めたとき、よくわからない言葉だらけで、「わからない、わからない」と思いながら、毎日少しずつ読んでいると、「ゴールデンパス」という意味が少しずつわかり、最後まで読んでしまいました。80歳になって、あと何年生きられるかわかりませんが、「人生で最高の本に出会えた!」と思っています。いろんな本を読んでいる私ですが、この本に出会えて本当によかった。心から感謝しています。他の本も読んでみたいです。
(80代女性・三重県)
自分の生き方の助けになる素晴らしい本
自分の生き方の助けになる素晴らしい本だと思いました。これからも、このような本の出版を楽しみにしています。
(10代男性・長野県)
願いを生きる人を応援してくれる
本書に登場する方々は、「魂の学」を実践された人たちなんですね。この方たちのように、しっかりと自分の願いを抱いて、日常を生きてゆくことは大切だと思いながらも、忙しさの中で、つい忘れてしまいます。でも、その願いを具体的にイメージし、日常の行動を通して近づいてゆく人たちの歩みを、本書は応援してくれると思いました。ありがとうございます!
(30代男性・山形県)
本書を横に置いて人生をよりよく生きたい
コロナ禍で、八方ふさがりの昨今、大いに勇気や道標を与えてくれる本だと感じました。この本をいつも横に置いて大切にしながら、人生をよりよく生きたいと思います。講演会にも参加してみたいです。
(40代女性・滋賀県)
目の不自由な夫に読み聞かせをしている
私は79歳。86歳の夫の介護をしています。『ゴールデンパス』は書店で知り、夫に読んで聞かせてあげたくなり、購入しました。夫は本が好きで、以前は熱心に本を読んでいましたが、今は片目がうっすら見えるだけです。さっそく夫に読んであげたところ、私自身も何度となくうなずくことしきり。夫が聞いてくれるのもうれしくて、今日は6ページも読んでしまいました。すると、私の読んでいる声を娘が携帯に録音し、「聞きたいときにいつでも聞くことができるから」と言って、毎朝出かけてゆきます。この本のおかげで、夫と私と娘がつながっています!
(70代女性・奈良県)
後進たちを激励するために頑張ってみたい
この本を読みながら、人生を振り返ることができました。学生時代の貧困からのささやかな成功は、「あれはゴールデンパスだったのではないか」と思えてきて、とてもいい勉強になりました。この年になり、先は短くなりましたが、今一度、この本で勉強して、後進たちを激励するために頑張ってみたいと思います。
(80代男性・東京都)
「カオス」ということが改めて身に沁みてきた
自分も今、「試練」と呼べるものが目の前にあります。それを「カオス」と受けとめることで、道は切り開かれてゆくのだと感じました。これまで、著者の本を読んできましたが、いつも「カオス」とおっしゃっていることが、本書を読むと、改めて身に沁みてきました。
(10代男性・福岡県)
自分の暗転を受け入れて人々を守った生き方に共感
自己破産してでも、周りの人たちを守り抜いた話が素晴らしかったです。自分の暗転を受け入れて、人々の魂を守った生き方に心から共感をおぼえました。そういう生き方もいいなと思いました。
(30代女性・大阪府)
著者の本で「魂の学」を学び続けたい
昨日まで明晰夢に関する本を読んでいて、本書の「未来の記憶」や「内外合一」の世界観の話は、大変興味深かったです。この本の土台になっているのは、「魂の学」という考え方なんですね。私は、まだ「ウイズダム実践」までは遠いような気がしますが、出来事をまず「カオス」と受けとめ、自分の魂がより高次に行けるように、世界が、より平和と喜びに満たされるように、著者の本で「魂の学」を学び続けたいと思いました。
(50代女性・京都府)
コロナ禍の中にある人々を導く本
文章にぐいぐいと引っ張られ、とても心に沁みました。今の世界情勢もよくわかり、人の心の中まで洞察されていて、マクロからミクロまでの内容に驚くばかりでした。コロナ禍で、どう生きたらいいかがわからない人々を導く本ではないかと感じました。勇気と元気が出てきました。孤独を感じている人ほど、読んでいただきたい内容だと思います。
(60代女性・大分県)
人々に勇気と光明を与える内容が、実例とともに記載されている
この本には、人生の難関に遭遇したとき、いかに立ち直るか、具体的な道しるべが書かれていました。迷い、悩み、絶望することが多い人生ですが、立ち直りへの勇気だけでなく、その方法まで導いてくれて有難いです。苦しさの中から救いの道を見出し、勇気を持ってチャレンジすることができれば、どれだけ人々が救われるでしょうか! その意味で、本書は、人々に勇気と光明を与える内容が、実例とともに記載されていて素晴らしいと思いました。
(80代男性・福岡県)
ページをめくるたびに驚きと感動
読んでいると、どんどん引き込まれてしまいます。ページをめくるたびにびっくりするほど、驚きと感動です。これから何度か読んで、自分が感じていることをしっかりと理解してゆきたいと思います。
(50代男性・兵庫県)
読んでいるだけで心がすっきりと落ち着く
とてもいい本ですね。本にはさまれていた出版案内を見て、著者の本を少しずつ買って読んでみようと思いました。私は、著者の『新・祈りのみち』を毎晩読んで、心を落ち着かせてから眠るようにしています。この『ゴールデンパス』も、読んでいるだけで心がすっきりとして落ち着いてきます。
(60代女性・三重県)
コロナに立ち向かう道を見つけてゆきたい
自営をする中で、試練と格闘している毎日です。本書をさらに読み深め、コロナに立ち向かう道を見つけてゆきたいと思います。
(60代女性・福岡県)
ひとすじの光を感じた
「試練の中にひとすじの光り輝く道がある」と書かれているように、ひとすじの光を感じました。読んでいると、引き込まれてしまいます。「自分の未来が希望につながりますように。今ここにある問題を乗り越えられますように」と願いながら読みました。この本にあるシートにも取り組んでみたいです。
(60代女性・宮崎県)
「必ず1本の白い道がある」という言葉に元気が湧いた
若い頃、仕事でお世話になった方からこの本を頂きました。妻と2人で読ませていただきましたが、あっという間に読んでしまい、心が洗われる気がしました。「必ず1本の白い道がある」という言葉がとても力強く、元気が湧いてきました。
(70代男性・岩手県)
大切な人にプレゼントしたい1冊
このコロナの絶体絶命のとき、本当に必要な1冊だと思います。「必ず1本の道はあるのだ」と確信できました。そして、その道をどのように歩むのか、具体的に書かれているので、この本に読めば、どんな人も、人生が変わるのではないかと思えてきました。大切な人にプレゼントしたい1冊です。私は、友人と親戚にプレゼントします。
(20代女性・北海道)
本当にこのように生きてゆきたい
素晴らしい内容で驚きました! 「本当にこのように生きてゆけたらいいなあ」と思いました。
(50代男性・福岡県)
もっと早くこの本に出会っていればどんなによかったことか
読み進めてゆく中で、大切なことに気づかせていただきました。私は、2人の子を亡くしました。子育てでも、難しいことばかりでした。もっと早くこの本に出会っていればどんなによかったことか。嫌なことがやってきても拒否することなく、「これは必要なこと」「これが自分にとって大切なこと」と思えたに違いありません。これから、この本に書いてあるような生き方を追求してゆきたいと思います。
(60代女性・山梨県)
自分の心を転換する中にゴールデンパスはある
必ず1本の最善の道があるのですね。人・もの・出来事の受けとめ方をしっかりと見てゆきたい。私はどうやら「苦・衰退」です。その自分の心を転換して変えてゆく中にゴールデンパスはあると感じました。
(60代男性・大阪府)
著者の心が沁みてきて、あっという間に読んでしまった
私は本を読むのが苦手ですが、タイトルに引き寄せられて、読み始めました。著者の言葉が心に沁みてきて、あっという間に読んでしまいました。心が現実をつくる「内外交流」のことを初めて知りました。幸せは自分の心がつくることがわかり、感謝です。
(70代女性・広島県)
本書に書かれていることは「未来地図」そのもの
コロナウイルス感染拡大によって、生きることへの希望を見出すことが難しくなった時代、この本は必携の書であると思いました。絶望の中にあっても、「必ず開かれる奇跡の道があること」を信じて生きるということが、何よりも未来創造への確かな一歩になると思います。そして、コロナ後の時代を生きる私たちの世代にとっては、本書に書かれていることは「未来地図」そのものだと感じました。数十年先、今を振り返るときが来たとき、「コロナの時代においても希望を捨てずに生きることができたのは、この本との出会いがあったから」と感じるに違いないと思いました。
(30代女性・石川県)
若い人たちにも読んでもらいたい本
何億も赤字を出しても大丈夫な会社って、どうやって改善したのか、気になっていましたが、「これほどの困難から立ち上がっていったんだ!」とびっくりしました。私は今、CAD(キャド)の勉強をしていて、「難しいなあ」「やめたいなあ」と思っていたのですが、本書を読んで、あきらめずに勉強することができました。私も、ゴールデンパスの道ゆきをたどってゆけるようになりたいです。これは、自分より若い人たちにも読んでもらいたい本です。
(40代女性・岡山県)
「まさかの時代」に必ずゴールデンパスがあることを確信できた
著者が言うように、本当に今、「まさかの時代」だと思います。その「まさかの時代」に、必ずゴールデンパスがあるということを、本書を読んで確信ができました。
(60代男性・盛岡県)
今までの著者の本の内容がこの本ですべて理解できた
今まで、著者の本をいろいろと読んできましたが、この本が一番素晴らしいと思いました。そして、今まで、読んできた本の内容が、この本によってすべて理解できました。本当にありがとうございました。
(60代女性・大分県)
書影
ゴールデンパス ──絶体絶命の中に開かれる奇跡の道
高橋佳子著  四六判並製  324頁
定価 1,980円(税込)
三宝出版ウェブサイトで購入

オンライン書店で購入

その他のおすすめ

書影
自分を知る力 ──「暗示の帽子」の謎を解く
高橋佳子 著
定価 1,980円(税込)
書影
最高の人生のつくり方 ──グレートカオスの秘密
高橋佳子 著
定価 1,935円(税込)
書影
新・祈りのみち
高橋佳子 著
定価 2,619円(税込)
書影
未来は変えられる! ──試練に強くなる「カオス発想術」
高橋佳子 著
定価 1,650円(税込)
書影
2021高橋佳子カレンダー『道』
高橋佳子 著
定価 1,250円(税込)