あなたがそこで生きる理由──人生の使命の見つけ方

高橋佳子著 四六判並製 256頁 定価(本体1,667円+税)

あなたは、この世界にただ1人の存在。
誰も否定できない
確かな「存在理由」があり、
あなたにしか果たせない
使命があるのです。
そのことに気づいたとき、
あなたの人生は、
根本から劇的に一変するでしょう。

【本書を推薦します!】
1人ひとりの可能性を本当に引き出すための理論と実践がここにあります。今の日本に最も必要な本だと思います。
大村秀章(愛知県知事)

著者にお会いすると、私はいつも元気になります。それは、著者が「魂」という最も古い概念を現代に鮮やかに蘇らせているからです。 
片桐ユズル(京都精華大学名誉教授。『ボブ・デュラン全詩集』を翻訳)

目次

プロローグ

1章 永遠の路――人生は自ら完成をめざす

2章 必然の扉──「現実」が行くべき道を教えてくれる

3章 次元の鍵──「心」の進化が世界を変える

4章 運命の梯──「魂」は目的地を探す

5章 存在の解──あなたの使命を発見する

読者の声

  • 「すべての人、1人ひとりが大切」という深い愛に満ちている本  
    常に問いかけ、投げかけがあり、本質の一番深い源に語りかけられている感じです。人生の教科書、魂の指南書だと思いました。自分自身の考え方、物の捉え方のクセを遡り、再体験して、つながり=使命を見つけ出す。人生を引き受ける覚悟ができ、心に光を灯る。それが高橋先生の「あなたがそこで生きる理由」なのですね。「すべての人、お1人お1人が大切なのです」という深い愛に満ちている本だと思いました。
    (40代女性・愛知県)
  • 思い出した母との約束――本当の使命に目覚めてゆきたい  
    この本の214ページに「命作網――使命のネットワーク」と書かれているのを読んで、今から29年前、母が「この家からまごころネットワークを発信できるといいね」と話していたことをハッと思い出しました。母との約束でした。今、私は試練と向き合っていますが、これから自分の本当の使命に目覚めてゆけるように精進してゆきたいと思います。
    (50代女性・群馬県)
  • 実践者のエピソードに胸を打たれた  
    人は皆、著者の言う「快感原則」に支配されているのかもしれません。失敗を恐れて逃げ、うまくゆけば有頂天になって感謝もしないのが人間かもしれません。でも、本書を読んで、楽な生き方を求めれば求めるほど、可能性を見失ってゆくことがわかりました。どれほど困難な状況でも、心が変われば現実も変わる! それを実践された方たちのエピソードに胸を打たれました。
    (50代女性・東京都)
  • 魂の呼びかけに耳を傾けてみたい  
    「使命とは命の使い方」「魂は知っているが、心がわかっていない」。とても印象に残る言葉です。私は恵まれた家庭環境に育ちましたが、それでも自分には何かやり残していることがあるように思えてならないときがあります。これからは、魂の呼びかけに耳を傾けてみようと思いました。
    (60代男性・東京都)
  • 魂のメッセージを読み解くスタートラインに立った  
    本書を読んで、「魂」が発するメッセージを「心」が読み解ける第一歩のスタートラインに立ちました。私の人生に、「魂―心―現実」という一本の道が見えてきました。この道をしっかり生きてゆきたいと思います。本当にありがとうございました。
    (60代女性・新潟県)
  • 私も人生を躍動させてゆきたい  
    1章に登場する方の人生は大変に厳しいものでした。私は両親のお陰で大学まで進学でき、卒業後は、高校の教員として、生徒の人生相談、進路相談など、多面にわたって指導してきました。今、ライオンズクラブの役員をしていますが、この書にある人生の生き方、高橋先生の素晴らしい導きを参考にして、卓話に取り入れたいと思います。私も将来に向けて、人生を躍動させてゆきたいと思います。
    (70代男性・大分県)
  • お父さんを嫌っていた男性の話に泣けた  
    この本は、「母のために」と思って買ったのですが、私も読みました。読んでみると、お父さんを嫌っていた男性の話に泣けました。息子さんたちに謝れなかったお父さんの後悔と寂しさが悲しかったです。私自身も、この間、他人に怒りをぶつけてしまい、それが起きた巡り合わせについて考えさせられました。
    (50代女性・京都府)
  • こんな自分でも生きる使命があることを学んだ  
    『未来は変えられる!』『運命の逆転』に続いて、今回の本で3冊目です。恵まれた生い立ちであろうと、苛酷な生い立ちであろうと、「魂」はそれを条件として受けとめ、そこから最善の人生を築くことを願っているのですね! こんな自分でも生きる使命があることを学びました。
    (50代男性・青森県)
  • 「カオス、カオス」と自分に言い聞かせている  
    この本の体験談を読んで、具体的な「カオス発想術」が理解できたように思います。現在、悩みごとがあるのですが、「カオス、カオス。これはカオス」と自分に言い聞かせています。
    (50代女性・群馬県)
  • バス事業の参考にしたい  
    完読しました。その中で、「バス事業イノベーション」の章が大変勉強になりました。私はタクシーに乗務し、会社もバス事業を行っています。会社に本書を持参し、参考にしたく存じます。
    (60代男性・岡山県)
  • 何回も読むと大切なことがわかってくる  
    私は、小説や新聞を読むときは時間がかかり、疲れてしまいますが、不思議なことに高橋佳子先生の本は、とてもスムーズに早く読むことができます。1度読んだだけでは深く理解できないので、何回も読みます。すると、大切なことがわかってくるように感じます。先日、朝、目が覚めて起きようとすると、肺炎で入院しているはずの母が私を呼ぶ声がはっきり聞こえ、びっくりしました。本書を読んでから、他にもいくつか不思議なことがありました。「あなたしか果たせない使命がある」と書かれていることが心に残り、感謝の気持ちが湧いてきます。現実の実践から学んでゆきたいです。
    (60代女性・長野県)
  • ぜひ著者の話を聞きたい  
    数年前、お墓参りの途中で事故に遭い、意識不明の状態が3週間続きました。しかし、奇跡的に意識が戻り、4カ月のリハビリを終えて自宅に帰ってきました。現在は、後遺症もほとんどなく仕事もしています。本当に生かされている毎日ですが、今回、『あなたが生まれてきた理由』を読み、とても感銘を受けました。ぜひとも高橋先生のお話を聞きたいと願っています。
    (60代男性・愛知県)
  • 人間関係の中で悩む自分を見つめ直したい
    1章に登場する方が、やけっぱちの人生から立ち直ったのは「すごいな」と思いました。私の旦那も暴力の人でした。私の場合は離れてスッキリしましたが、こんな人生もあるのですね。本書を読んで、今、私も「魂の学」を学んで深めてみようと思っています。高橋先生の言葉にひかれて、人間関係の中で悩む自分を見つめ直したいと感じました。
    (40代女性・岡山県)
  • 一度、講演会に行ってみたい
    私にとって生きることは地獄で、「この苦労やつらさのまま死んでゆくんだろうな」と覚悟した矢先、この本に出会いました。本当は「幸せに生きたい。心穏やかに過ごしたい」と願っていても、心の奥に潜む悪が湧き出てくるのです。ひねくれた物体のように。私の兄はある宗教に入り、大学を中退し、家を出て、給料の一部を毎月寄付し、白血病で亡くなりました。我が家に流れる因縁、先祖代々の「血」を私の代で打ち切りたいです。この本を読んで、一度、講演会に行ってみようと思いました。
    (50代女性・長野県)
  • 「孤立無援ではなく、つながりがある」と考えるようになった
    この本を読む以前、私は孤独だと思っていましたが、今は「孤立無援ではなく、つながりがある」と考えるようになりました。心がスッキリしました。これからは、使命を果たす人間になります。
    (50代女性・千葉県)
  • 登場人物と自分を重ねて読むと、胸がいっぱいになった
    「もし、自分がこのような人生だったら?」と、登場人物と自分を重ねて想像しながら読むうちに、胸がいっぱいになりました。成功するまであきらめない。成功しても、その結果に満足せず、さらに進化を追い求める。そんなステキな人生を歩んでいる5人の方々の実践例が書かれたこの本は、まさに一期一会の出会いでした。この書籍から本当に勉強させられました。
    (50代男性・新潟県)
  • 読み終えたばかりなのに、もう次の本が楽しみ
    一気に読みました。特に、238ページの「どうしても捨てられない願いがある」というところからの7行は、何度も何度も読みました。今の私は、自分のことで精いっぱいで、人と人をつなぐことができていません。この先の人生で、自らの使命に気づき、人様のお役に立つことができるように精進してゆきます。読み終えたばかりなのに、もう次の本が楽しみになっている私です。感謝。
    (50代女性・群馬県)
  • 奇跡のように展開する実話が素晴らしい
    『運命の逆転』に続いて『あなたがそこで生きる理由』を読み、奇跡のように展開する実話が素晴らしく、これからの人生の指針になる本だと思いました。何度も読み返し、他の方に伝えたいです。ありがとうございました。
    (60代男性・北海道)
  • 未来を生きる若者の人生指南書
    書店でこの本のタイトルを見たとき、他の本とは違う存在感と強いメッセージ性に心打たれ、すぐさま購入しました。読んでみると、プロローグから強い衝撃を受け、魂を揺り動かす力を感じました。本書の内容は、現代を生きる人間ならば、誰もが知りたいことだと思います。特に、これからの未来を生きる若者の人生指南書です。
    (30代女性・石川県)
  • 心に明るい光が差し込んだ
    先日、知人に講演会に誘っていただき、初めて参加しました。その会場で、高橋先生はじめ関係者の方々の熱意に感銘を受け、迷わず本を購入しました。私生活においても、仕事においても、自分の使命を見失いかけていたところだったので、心に明るい光が差し込んだ気がします。ありがとうございました。
    (40代女性・医療職・岡山県)
  • 人生に光明が差し込んだ
    今、生活保護を受けるかどうかのギリギリの収入で、夫婦2人で何とか生きています。そんなとき、この本を読み、まさに「奇跡のタイミングだ」と思いました。人生に光明が差し込んだと思いました。私も、使命を見つけて頑張って生きてゆこうと思います。
    (40代男性・北海道)
  • 私の使命を見つけてゆきたい
    私は、10年の闘病の末、ある施設にナースとして週に1度勤務しています。そこで感じたのは、自分の存在理由でなく、「誰でもよいという現実」でした。しかし、本書に書かれている実際に生きている方々の生き方を参考にして、あきらめることなく、「まだ、やれることがある」ことを信じて、私の使命を見つけてゆきたいと思います。
    (50代女性・神奈川県)
  • 若い人たちに読んでもらいたい
    私は、「自分は生まれてこなければよかった」と思い続けてきました。生まれて来さえしなければ、馬鹿の極みのような過去を繰り返すこともなかった。生まれてきた使命など意識もしていませんでした。愚かな人生を今さらどうしたらいいのかと思ってきました。でも、本書を読んで、気持ちが変わりました。この本は、ぜひ多くの若い人たちに読んでもらいたいと思いました。
    (60代女性・福岡県)
  • 魂の学びはとても魅力がある
    数カ月前に読んだ『運命の逆転』もとても感動しましたが、今回の『あなたがそこで生きる理由』も素晴らしいです。人生の使命の見つけ方がとてもよくわかりましたし、現実と心をセットする「カオス発想術」もすごいです。魂の学びはとても魅力があり、これからも期待しています!
    (70代女性・北海道)

ページトップへ

Facebook