人間・釈迦──【第四巻】 カピラの人びとの目覚め 新装改訂版

高橋信次著 新書判 276頁 定価(本体1,000円+税)

何人も成し得なかった釈迦の出家と悟りをもっとも平易に、その全貌を明らかにした名作。

概要
釈迦の苦悩と出家、悟りへの心の遍歴、そして悟り(宇宙即我)。著者は、何の資料、参考書もなく、筆のすすむままに釈迦を書いたが、人間・釈迦を語ってこれ以上の本は未だかつてない。読者は、人間としての釈迦の心にふれるとともに、法(神理)の世界へと導かれてゆく。真実なるものは、理に適い、歴史的にも証明され、現実に現われとしてもとらえ得るものでなければならない。 本書は、その観点から、心の存在と、人の生きるべき道を誰にもわかり易く書き著したものである。
目次

【第四巻】 カピラの人びとの目覚め

  第七章 人間として生きる女性

  第八章 十二年ぶりの帰城

  第九章 神理に生きるもの

内容の一節
因縁因果は、カルマの輪廻であり、苦楽は永遠につづく。大部分の生命は、循環の法の作用のなかで、因縁因果をくりかえしているわけである。
シュット・ダナーがブッタの法を聴聞し、感動した点は、転生の絆から完全離脱できるということであった。 王といえども人の子であり、悩みがつきなかった。戦争の恐怖は彼の心を四六時中しばりつけていた。生きているかぎり、死はまぬがれないし、死の恐怖もまた彼の心をとらえて離さなかった。しかし、ブッタの法に接し、正法は死からの離脱であり、永遠の生命の獲得であることを知った。人として、これほどの喜びがまたとあろうか。(第四巻 本文142頁)

この作品を読んだ人へのオススメ本

人間釈迦

人間・釈迦──【第一巻】偉大なる悟り 新装改訂版

人間・釈迦──【第二巻】 集い来たる縁生の弟子たち 新装改訂版

人間・釈迦──【第三巻】 ブッタ・サンガーの生活 新装改訂版

ページトップへ

Facebook