「私が変わります」宣言──「変わる」ための24のアプローチ

高橋佳子著 四六判並製 168頁 定価(本体1,400円+税)
      新書版 170頁 定価(本体724円+税)

重い試練を引き受け、魔法のテコのように持ち上げて転換してゆく新しい生き方がある。

概要
人生が、今すぐ変わる24のヒント。「変わる」とは、こんなに魅力的で、元気が出ることだった! ──時代は今、私たちに「変わる」ことを呼びかけている。誰もが「変わる」ことができる道を、24のアプローチとして分かりやすく解き明かす。『新しい力』に続く「変革」の書・第2弾!
目次

1 21世紀の生き方「私が変わります」宣言

2 なぜ変わらなければならないのか

3 人は本当に「変わる」ことができる

4 「私が変わります」が解決する

5 「私が変わります」が創造する

6 「私が変わります」が歴史を創った

7 「変わる」ことは宇宙の摂理

8 ブッダ、イエスは「私が変わります」の先駆者

9 変わりたくない症候群

10 変わらなかった敗者たち

11 変わりたいのに変われないのはなぜか

12 どうしたら変われるのか

13 「変わる」道は、人それぞれ

14 快・暴流=「自信家」はこう変わる

15 苦・暴流=「被害者」はこう変わる

16 苦・衰退=「卑下者」はこう変わる

17 快・衰退=「幸福者」はこう変わる

18 「変わる」ことは、負けることではない

19 「変わらぬもの」のために「変わる」

20 人生の主導権を取り戻す「私が変わります」

21 聞く、吸い込む、変わる

22 「変わる」とは、ビッグクロスとの再結

23 「変わる」ための鍵──切実さ

24 「私が変わります」宣言という始まり

内容の一節
だからこそ、私たちは今、新しい現実を生み出す必要に迫られています。私たち一人ひとりが、人生の創造を本当に果たせるように新しい生き方を求める必要があります。21世紀という時代にふさわしい生き方、この時代に託された生き方の青写真が必ずあるのではないでしょうか。
それを私は、「私が変わります」という言葉と姿勢によって表したいと思うのです。
「私が変わります。その私が世界と新しい関係を結びます」。──今、直面する現実の一切を私は受けとめよう。目にするもの、関わる事態、そのすべてと私は不可分につながっている。そこに痛みがあるなら、他人のせいにすることなく自らに引き寄せよう。そこに希望があるなら、全力を尽くしてその開花に努めよう。そして新しい現実を創るために、私は自らが変わり、世界と新しい関係を結ぶことで、その呼びかけに応えてゆこう──。(「1.21世紀の新しい生き方『私が変わります』宣言」13~14頁)

読者の声

  • 「変わる」ことの素晴らしさ
    時事問題も多く取り上げられていて、強く惹かれました。「変わる」ことの本質、中心軸を自分に置いて「変わる」ことの素晴らしさを教えてくれました。友人にも勧めたいと思います。
    (20歳女性・学生・東京都)
  • その内容に衝撃!
    「人は本当に変わることができる」、そして「変わることは宇宙の摂理」であることが理解できました。ブッダやイエスは「私が変わります」の先駆者であり、私もまた、宇宙からはたらきかけられているとは! 衝撃です。
    (46歳男性・元教員・山口県)
  • 人生の教科書
    「すごい!」の一言です。一気に読んでしまいました。自分と他人の個性がはっきりと分かり、目が覚めました。私の人生の教科書だと思っています。
    (67歳女性・北海道)

ページトップへ

Facebook