100歳まで元気!──予測・予防医療のススメ

東京トータルライフクリニック編著 四六判並製 230頁 定価(本体1,714円+税)

健康と長寿のために、口コモ、認知症、脳卒中を予測・予防し、寝たきりにならない最新のノウハウを紹介

概要
年齢を重ねれば重ねるほど健康には自信がなくなり、「いつかは認知症や寝たきりになって人に迷惑をかけて死んでゆくのではないか」という不安は誰にでもあるのではないでしょうか。「健康で長生きすることは難しい」と諦めている方もあるかもしれません。 しかし、認知症も、脳卒中も、ロコモも、ごく簡単な方法で、「今」から予防できるとしたら? 本書は、健康で長生きしてゆくための、具体的な毎日の実践例が盛りだくさん。あなたの病気を予測して、ピタリとあった予防法を見つけてくれます。あなたの人生の願いが果たされますようにと切に願う医療者たちが、あなたに寄り添うようにアドバイスしてくれる本です。
目次

はじめに          

第1章 予測・予防医療で外来が変わる、在宅が変わる 

1 予測・予防医療で外来が変わる              

2 予測・予防医療で在宅が変わる              

3 まずは寝たきり予防から始めよう          

第2章 骨・関節疾患による寝たきりの予測と予防 

1 ロコモティブシンドロームとは 

2 ロコチェック  

3 ロコトレ 

4 ロコモを予防する食事、栄養について 

第3章 認知症の予測と予防 

1 認知症についてよく知ろう 

2 認知症を予防しよう 

3 クリニックの診療録から 

4 今日から始めよう! 認知症予防の一〇か条    

第4章 脳卒中の予測と予防 

1 脳卒中についてよく知ろう 

2 脳卒中のリスクを予測し、具体的に予防する 

3 脳卒中のリスクが減った!──クリニックの診療録から 

第5章 これだけは心がけたい食事・運動・サプリメント 

1 ライフスタイルの基本:食事について 

2 ライフスタイルの基本:運動について 

3 ライフスタイルの基本:サプリメントについて 

4 ライフスタイルの基本:睡眠・呼吸・入浴について 

5 ライフスタイル改善の事例と健康づくりの「三種の神器」      

第6章 健康診断こそ予測・予防の要 

1 健診の必要性と健診の種類 

2 病気の早期発見のための健診 

3 健康と長寿のための健診(ウェルエイジング健診) 

4 がんや脳卒中を予測するリスクマーカー 

おわりに

内容の一節
医療は長年、医師がその技術を独占し、多くの患者さんは、病気に対して「自分にできることはわずかしかない」と思ってきたところがあります。しかし、ここ数年、予測・予防医療を実践して実感するのは、「患者さんが自らの病気に対してできることは無限大にある」ということです。無限大に存在する「自分にできる病気予防と健康増進」を、自らのライフスタイルの中に定着させ、それを心身の両面において実践する──。
それが予測・予防医療の実践論のアルファでありオメガです。
本書は、そのような近未来の医療を、少し先行して実践し始めた当クリニックで日々実感している可能性について、さらには患者さんに起こっている好転の現実に付いて、一人でも多くの方に知っていただき、ぜひ実践していただきたいとの願いから生まれたものです。
(「はじめに」より)

読者の声

  • 具体的かつ優れた内容で、得心できる
    これまで約20年間、いろいろな予防・予測医療の書物を読みましたが、この本は、具体的かつ、優れた内容で、十二分に納得し、理解することができ、己れの健康法に大きな効果を確認しております。すでに身内と知人にすすめて読んでもらっております。これを機に、正しい生活を営み、20年から30年は頑張りたいと希望しています。
    (80代男性・千葉県)
  • 健康と長寿のための因縁果報は、まさに、心と現実をつくるそのもの
    第一章から第六章まですごくわかりやすく書いてあると思いました。また、健康と長寿のための因縁果報は、まさに、心と現実をつくるそのものだと感じました。ロコモの章で、ロコチェックがあったのはとても参考になりました。私はたまにデイサービスで、いきいきと百歳体操を利用者さんと一緒にやったりします。それに取り入れてゆきたいと思います。
    (50代女性・高知県・介護士)
  • 今までの健康本とは違い、これからの医療に希望を感じる
    内容が充実していて、一気に読みたくなる本でした。今までの健康に関する内容と違い、これからの医療が明るく変わってゆくと思われる素晴らしい本でした。ありがとうございました。
    (60代主婦・愛知県)
  • 高齢者の生き方として非常に参考になる
    これからの高齢者の生き方として非常に参考になりました。毎日、平凡に生活していると、健康ということを忘れてしまって、「これが当たり前」と思ってしまいます。父が、103歳まで生きていきましたので、自分も父親に負けないように、この本の内容を参考にして、生きてゆきたいと思いました。
    (70代男性・福岡県)
  • 病気はなってからでは遅すぎる。予測と予防がないといけないと痛感
    病気はなってからでは遅すぎると思いました。予測と予防がないといけない。
    この本は、大変に為になりました。これからも、このような本を多く出して下さい。

    (75歳男性・埼玉県)
  • このような病院が近所にあったら、どんなにいいだろう
    検査技師の友人から、この本が届きました。とても為になる本でした。このような病院が、うちの近所にあったら、どんなにいいだろうかと思いました。
    うらやましいです。私も、高血圧でいろいろあり悩んでいます。
    (70代女性・神奈川県)
推薦者の言葉
寝たきりにならず、生涯現役で生きる――。その夢は自分の病気を予測し予防すれば実現可能です。最新のノウハウを知るため、健康と長寿を願うすべての人にぜひ一読をお勧めします。
──家森幸男氏(京都大学名誉教授)

ページトップへ

Facebook